ブログ|渋谷で痩身,ブライダルエステ,小顔矯正,骨盤矯正なら トータルバランスクリエイターズ

TOTAL BALANCE CREATORS
03-5787-6089 クーポン ご予約 ブログ
<営業時間>11:00-21:00 ※日曜のみ14:00-21:00 <定休日> 月・木
ホーム 初めての方へ 当院の特徴 コース スタッフ 実績 お客様の声 メディア掲載 よくある質問 店舗情報
スタッフブログ

2015.03.13◎ 妊娠、出産中に薬害に・・・

《東京 渋谷駅から3分、新宿駅から7分の下北沢駅すぐ!》

痩身、ブライダルエステ、小顔矯正、骨盤矯正、姿勢矯正なら

美容整体サロントータルバランスクリエイターズ
SHIGEです。

 

薬はある症状に対して有効であると同時に副作用も持っています。

風邪薬を飲んで眠くなるというのも副作用の1つです。

 

特に女性が気を付けたいのは

妊娠、出産の時に処方される薬です。

 

①陣痛促進剤

感受性の個人差が200倍以上あります。

感受性の強い妊婦さんがこの薬の投与を受けると

強烈な陣痛が母子を襲います。

 

母体には子宮破裂や出血

胎児には酸素が十分に供給できなくなり

脳性麻痺や死亡例もあります。

 

②子宮頸癌ワクチン

子宮頸癌の原因はウイルス感染と言われています。

子宮頸癌は20代から患者が急増するため

10代のうちからワクチンを打ち、10歳以上が対象になります。

 

副作用は手足の強烈な痛みやけいれんです。

学校に行けなくなってしまう子もいます。

 

1960年代にはサリドマイドが社会問題になりました。

元々は睡眠薬として製造されたのですが

胃腸薬にも配合されるようになりました。

 

妊婦や小児でも安心して飲める薬として広まりましたが

妊婦が服用することによって胎児の奇形が生じる様になりました。

 

薬は良い面が勿論ありますが

悪い面(副作用)もしっかり認識しておいたほうが良いでしょう。

 

 

《東京 渋谷駅から3分、新宿駅から7分の下北沢駅すぐ!》

痩身、ブライダルエステ、小顔矯正、骨盤矯正、姿勢矯正なら

美容整体サロントータルバランスクリエイターズ
SHIGEでした。

 

記事 目次

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム 初めての方へ 当院の特徴 コース スタッフ 実績 お客様の声 メディア掲載 よくある質問 店舗情報