症状から探す Question
  • 腰痛でお悩みの方

  • 腰痛でお悩みの方
  • こんなお悩みの方

    • 朝、起きた時から腰が痛い

    • 前かがみや、後ろに反らすと腰が痛い

    • ギックリ腰をしたことがある

    • 今は痛くないが、以前腰痛に悩まされていた

    • お尻の横の部分が痛い、辛い

    • お尻から脚にしびれが出ている

    • 重いものを持つのは怖い

    • ゆっくり動かないと腰が不安だ

    • 反り腰である・姿勢が悪い

    • 病院では異常が無いと言われた

何故その痛みや悩みが生まれるのか?

「なぜ、腰痛が生まれるのか?」

 

実は、「腰痛」だけで見ても、2割が「ヘルニア」や「脊柱間狭窄症」等の病名が付き、残りの8割は“原因が特定出来ない”「原因不明の腰痛」として、日本整形外科学会ですら「腰痛」に対する“本当の原因”を見つけてはおりません。その為以前、「腰痛はストレスが原因」ではないか?という事で、腰痛に対して“精神安定剤”を処方する所も増えているとの話が報道されていました。これはとんでもない話で、必要の無い薬を服用させる事で「副作用」による深い落とし穴にハマってしまう事になりかねません。

人間の身体は、生理学的、解剖学的、機能的に考えると、(形、固さ、硬さ、動き、感覚など)内臓以外全てが左右対称性であり、重心は身体の中心に位置し、横から身体を見た時には、脊柱(背骨)が生理的弯曲を維持している状態が本来の形であり、”歪み”とは “それ以外のもの全て” のことを言います。
本来在るべき位置や形から逸脱してしまう事で当然、本来の機能を果たすことが出来なくなってしまう為に、筋肉が硬くなる事で血液などの循環が悪くなったり、伝達が行き届かなくなり、不具合が起きてしまうのです。「こり」や「腰痛」は言ってみれば、負担の集中した疲れ、疲労の蓄積という事です。
中には、「肩こりや腰痛は、歪みのせいではなく、姿勢は関係ない」という意見もございますが、肩こり腰痛はバランスの崩れによる筋肉への負担(疲労)が原因ですので、姿勢や歪みは思いっきり関係してきます。
例えば、「筋トレ」。5kgのダンベルを持つ時に、
①肘を伸ばした状態。いわゆる“真っ直ぐ”の状態で1時間持つのと、
②肘を90度に曲げた状態で1時間持つのと
どちらが疲れると思いますか?
「腰」であれば同じ様に、「痛み」が有る無し関係なく、30kgのリュックを背負って、
①腰を伸ばした状態。いわゆる“真っ直ぐ”の姿勢で1時間背負うのと、
②腰を90度に曲げた状態で1時間背負うのと
どちらが疲れる(痛くなる)と思いますか?

「首」も同じです。
頭は5、6kgほどの重さがあり、体重の1/10とも言われています。
①首を伸ばした状態。いわゆる“真っ直ぐ”の姿勢で立っているのと、
②首を90度に曲げた状態で1時間立っているのと
どちらが疲れる(痛くなる)と思いますか?
恐らく、全員が“同じ答え”を出すと思います。
結局は、姿勢やバランスが悪いと、筋肉に無理(無駄)な負荷がかかる為に筋肉が固くなり、筋肉の中の循環が悪くなることで、「痛み」が出ているのです。

なぜそこに痛みを感じるのか?

「なぜ腰に痛みを感じるのか?」

 

 どんな問題やトラブルであっても、原因は“必ず”有ります。病名の付かない腰痛や肩こりは、“ほぼバランスの崩れによる負担”であり、その痛みは、“脳が気付かせる為に出している「信号」”なのです。

ぶつけた、捻った、または、歪みにより、長期間負担がかかり続け、血液などの循環が悪くなり、何らかの異常によって組織損傷が起きると、ブラジキニンやヒスタミン、セロトニン、アセチルコリン、プロスタグランジンなどの発痛物質が作られ、神経細胞体から伸びた、先端の部分である「神経終末」のブラジキニン受容体や、ヒスタミン受容体などの「受容体」がそれらを受け取り、痛み信号へと変換され、脊髄から大脳皮質へと伝わり、人は「痛み」を感じています。

 

ちなみに「炎症」とはプロスタグランジンによって起こる、痛みや腫れなどを言います。筋肉痛なども筋肉の組織損傷から起きており、ブラジキニンが大きく関与しています。

首(頚椎)も含め、「椎間板ヘルニア」と診断されている方の場合、よく「椎間板の中の髄核が飛び出て、神経を圧迫しているから痛いのです。その為、出ているヘルニア部分を切除する手術を行いましょう」と言われた。という方も沢山ご相談に来られるのですが、実際には、下の写真のように「背骨の後ろにある白い部分が神経で、そこを押しつぶしているところがヘルニアです」と説明されると思うのですが、

白い部分は「脳脊髄液」と言って、神経を包んでいる管の中を流れている体液です。ですので、完全に潰して白い部分がなくなってしまえば、確かに「神経圧迫」となりますが、本当に圧迫しているのならば、「痛み」ではなく、そこから先に「麻痺」がおきてしまいます。

 

なぜ慢性化してしまうのか?

「なぜ、腰痛は慢性化してしまうのか?」

 

ケガや病気以外の「肩こり」や「腰痛」などの“慢性痛”の殆どは筋肉の問題で、カラダのバランスが悪くなり、負担が一箇所に集中することで筋肉が固くなって、血管が収縮してしまうと、血液などの体液の循環が悪くなり、それを感知し脳に伝えると、発痛物質であるブラジキニンが大量放出され、血管を拡げ、血管拡張作用や血圧降下作用が起きてきます。

バランスが崩れる事で、循環も、機能も低下し、「なかなか治らない・・・」と皆が悩んでいる「肩こり」や、「腰痛」などの“慢性痛”の原因となってしまう為、どんな施術を受けようと、自分のバランス自体が改善し、今持っている筋肉の“質”や“量”、“形” 自体が“正しく”変わらなければ、慢性痛そのものは“根本的に改善”せず、慢性化してしまうのです。

極力、歪みがない状態を保つことができれば、無駄な「こり」や「たるみ」も出来ませんし、無駄な「痛み」や「悩み」も起きません。全ての循環や働きなど、生理学的な機能も全て、思う存分に発揮できるのですが、逆に姿勢やバランスが悪いと、体にかかる “負担の集中する所”と“負担のかからない所”が生まれてしまいます。集中する所が「こり」となり、その周りには“必ず”たるみができてしまうのです。その為、「こり」だけ、「たるみ」だけにアプローチをしても、原因とは無関係の所にアプローチをしていることになり、「改善」とは“全く別方向”に向かって行動しているわけですから、治るわけもなく、すぐに戻ってしまい、慢性化するだけでなく、却ってひどくなってしまうのです。ましてや、強く押してしまったり、揉んでしまうと悪化は加速してしまいます。

どうすれば症状は消えるのか?

「どうすれば“腰痛”という症状は消えるのか?」

 

“痛み”という症状を消すには、“痛みの原因”を取り除かなくてはいけません。痛みの原因はブラジキニンやヒスタミン、プロスタグランジンなどの発痛物質です。

では、なぜ、その物質が出てしまうのか?それは、そこに組織損傷が存在していたり、血液などの体液の循環が阻害されているからです。

組織損傷を治したり、筋肉を柔らかくし、体液循環を良くすれば痛み(症状)自体は消えてしまいます。

 

どうすれば良くなった状態を維持できるのか?

「どうすれば、腰痛が無くなった状態を維持できるのか?」

 

よく、仙骨の矯正を受けた方から「これはAKA博田法ですか?」と聞かれますが、仙腸関節や腰仙関節などに目をつけているという点など、いくつか共通点はございますが、AKA博田法ではございません。どんな施術や矯正、または先程の「手術」であっても、その場の痛みを取ることは、組織損傷を治したり、体液循環を良くすれば消えて行きますので簡単かもしれませんが、“痛みの原因”ではなく、もっと“本質的な原因”“、そしてもっと奥深くに在る、「なぜ、腰痛が出るような身体になってしまったのか?」という“大元の原因”を取り去らなければ、「良くなった状態を維持すること」は不可能ですし、根本的な改善には至りません。

そこで、少し話は戻りますが、「循環が阻害されているから」発痛物質が放出され、痛みが生まれた事がわかっているので、それではなぜ、循環が阻害されているのか?と掘り下げてみましょう。それは、筋肉が固くなっている為、循環を阻害しているのです。では、なぜ、筋肉が固くなっているのか?と言いますと、筋肉は、1箇所に負担をかけ過ぎても、逆に、使わな過ぎても固くなってしまいます。では、なぜ、1箇所に負担が集中してしまったり、使わないところが生まれてしまうのか?というと、姿勢が悪かったり、カラダのバランスが崩れる事で、負担の集中するところと、そうでない所が生まれてしまうために、腰痛や肩こりが出来てしまうのです。全身のバランスを “本当に” 整えることが出来れば、その部位を触らなくとも勝手に筋肉(こり)は柔らかくなりますので、腰痛も肩こりも出なくなり、当院の行なっている解剖学上の「カラダ偏差値」でいうところの、58点がキープできれば、見た目がキレイになるだけでなく、内臓や筋肉、皮膚などの機能が上がることで、老化防止、アンチエイジングにつながり、更に、“一生”、肩こりや、腰痛に悩むことは無くなります。

 

ご自身の「顔」や「カラダ」の状態が、「どんな状態なのか?」「そのお悩みの原因は何なのか?」を、まずは80項目以上の検査から、将来のためにも徹底的に調べてみませんか?医学部や看護学校でも、勿論、整体の学校でも習わない「脳やカラダの真実」を知ると、今までの常識が覆され、「もっと早く気づけば良かった…」と後悔すること必至です。

 

→ 初回体験 https://total-bc.jp/campaign/

このお悩みにお薦めのコース

電話予約
WEB予約